ウインドサーフィン初心者奮闘記

ウインドサーフィンを始めたのは二十歳の時だった。

当時大学生二年生だった自分は、時間を持て余していた。

大学の授業は退屈で、アルバイトに明け暮れる日々が続いていた。
毎日がただなんとなく過ぎていた。特にやりたい事もなく、彼女
もいなかった。

あまりパッとしない学生生活の日々にうんざりしていた時だった。

夏も間近の日曜日、下宿の友人達と海に行く事になった。もてない
野郎5人で海を目指す。

下宿の近くに海水浴場はあったが、今日は少し遠くの海水浴場へ、
ドライブがてら行こうという事になっていた。

到着した海はキレイだった、九州の大学に通っていて、海はいつも
近くにあった。一番近い海岸までは自転車で10分位だったと思う。

水着に着替え、水辺でのんびり波と戯れる。九州の海といっても、
湾になっているこの海岸は、波が穏やかだった。

その穏やかな海に漂うカラフルな色彩があった。そのカラフルな色
彩の正体は、ウインドサーフィンのセイルだった。オレンジや黄色、
赤などの目立つ色で、海上を華やかに彩っていた。

「あ〜、あんな風に水面を走る事が出来れば、さぞ気持ちいいだろ
うなぁ〜」と思った。

岸付近まで帰ってきたウインドサーフィンを見ていると、みんなひ
ょいひょいっとウインドサーフィンのボードから降りているのを見
るにつけ、なんだか簡単そうだな、自分にも出来そうだと思った。

運動神経には少し自信があったので、簡単に乗りこなせるな、と、
勝手に思っていた。

それにしてもウエットスーツ姿がカッコ良く、自分も颯爽と風を切
ってウインドサーフィンで海を走り回りたいなぁ〜、という気持ち
が、だんだん大きくなってきた。

下宿に帰って、早速ウインドサーフィンのショップについて電話帳
で調べてみる。当時はまだまだインターネットもなく、ましてや携
帯電話なども一般的ではなかった。

ショルダータイプの移動式電話と呼ばれる携帯型電話を、一部のお
金持ちが持っているという、1990年頃の事だった。

下宿から車で30分程の所にそのウインドサーフィンショップはあ
った。電話を掛けてみる。「プルプルプル・・・」「はい、ウイン
ドサーフィンショップ○○○です」すぐに電話はつながった。

「ウインドサーフィンを始めようと思うのですが、いろいろ教えて
もらう事は出来ますか?」「ええ、大丈夫ですよ、初心者の方でも
スクールもありますし、仲間も沢山いますから、教えてもらう事も
出来ますよ」

「そうですか、では明日お店に伺います」「ハイ、それではお待ち
しております」

これが、その後始まるウインドサーフィンとの出会いと始まりだった。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

link 【01】〜【10】
link 【11】〜【20】
other link1
other link2
other link3
other link4
other link5