ウインドサーフィン初心者奮闘記>●中古ボードの選び方

中古ウインドサーフィンのボードの選び方。

ウインドサーフィンを始めるに当たって一番ネックになるのが、
自分の道具を揃える事でしょう。

しかし、いきなり新品のフルセットとなると、ウインドサーフ
ィンのセット内容にもよりますが、30万円から、高いもので
50万円位の価格になるので、初心者が気軽に買える金額では
ないと思います。

そこで候補に挙がるのが中古のウインドサーフィンセットです。

その中でも中古ウインドサーフィンのボードについて。

ウインドサーフィンの道具の中でも一番高額なのがボードにな
ります。

新品だと通常は20〜30万円位しますが、中古になると一気
に値段は下がり、3年落ち程度のボードで10万円前後、5〜
7年落ち位になると3〜5万円で購入可能なボードもあります。

そのボードのチェックポイントは、先端とフィンBOXの状態
確認が重要です。

特に先端はぶつけたり引きずったりしてキズが付きやすい場所
だけに、小さなキズは中古ボードであれば当たり前のように付
いていますが、リペアをきちんとしていないと、そこからボー
ド内部に水が入り、ボード内部を腐食させたりします。

フィンBOXも同じく、大きな補修跡があるものはやめておき
ましょう。ウインドサーフィンのボードは流通量が比較的多い
ので、デザインなどが気に入れば、多少古くても状態の良いボ
ードであればお買い得だと思います。

極端に古くなければ、5〜7年落ちのボードでも十分ウインド
サーフィンを楽しむ事が出来るでしょう。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中