ウインドサーフィン初心者奮闘記>●中古ブームの選び方

ウインドサーフィン用の中古ブームについて。

中古ウインドサーフィン用ブームについては、結論から先に言うと、
中古ブームはやめておいた方がよいという事です。

その理由として、まず、よほど状態の良いウインドサーフィン用
ブームでない限り、グリップ部分にキズなどの損傷があります。

中古だから多少の損傷は当り前のようにあります。

ただ、グリップ部分の損傷であれば、使用していくうちにその部分
からグリップが剥がれてきてしまいます。

このプリップ部分のラバーが剥がれると、手が滑ったりする上に
見栄えがやはり悪いです。

ある意味グリップは消耗品ですから、新品でもそのうちそうなり
ますが、中古ブームなら、なおさら早くそういう状態になる可能
性があります。

そして最も懸念されるのが、ハンドル自体のガタです。

ウインドサーフィン用のブームは、強い力で押したり引いたりさ
れる動きを繰り返しされるので、ジョイント部分にガタが生じや
すく、ここは注意が必要です。

かく言う自分も、過去に中古のウインドサーフィン用ブームを購
入して失敗しています。

最近のウインドサーフィン用のブームは新品でも安価で丈夫な上、
軽量ですから、ブームは新品を購入する事をお勧めします。

スキニーブームと呼ばれる、細い径のウインドサーフィン用ブー
ムもあります。こちらもかなり使いやすいので、要検討です。

スキニーブームについてはなおの事、新品をお勧めします。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中