ウインドサーフィン初心者奮闘記>●コースレースボード進水式

ウインドサーフィンのコースレースにのめり込み、とうとうオール
ラウンドボードを売って、コースレースボードを購入したのだ。

今日はその新しいウインドサーフィンセットの進水式の日だ。

セイルをセットする、新品なので、当たり前の事だが、各部がピカ
ピカだ。ワクワクしながら準備を進める。

ブームを取り付け、各部にテンションをかけたら完成だ。

持ち上げて軽く風を入れてみる。以前使っていたウインドサーフィ
ンセットである、オールラウンドボードに付いていたセイルより明
らかに軽く、扱いやすい。

これがレース仕様の道具なんだ、と思い嬉しくなる。

ボードもウインドサーフィンショップで受け取った時に確認はして
いたが、やはり重量が軽かった。これは期待が持てそうだと感じる。

ボードにセイルをセットして早速海へ。ビーチスタートで軽々とス
タートに成功する。

第一印象は、ウインドサーフィンのボードの走りが軽いというもの
だった。

セイルも今日のような微風コンディションの中でも、力強い手応え
を感じ、ボードがぐんぐん上っていく。

これが、ウインドサーフィンのレース用リグの走りなのだと感じ、
訳もなく嬉しい気持ちになる。

やはり高いだけあって性能が全然違う。そんな事を強く感じたウイ
ンドサーフィンのコースレースボードの進水式の第一印象だった。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中