ウインドサーフィン初心者奮闘記>●再挑戦の結果は?

ウインドサーフィンを始める事にしたが、少しも乗れずに一回目の
挑戦は終わった。今日は二回目の挑戦の日だ。

朝から暑い夏の日差しが照りつけていた。風はほとんどなかった。
先輩の車の後ろをついて行く。先日とは反対側の海岸に到着する。

そこは完全な湾になってり、言われた通りほとんど波がなかった。

早速ウインドサーフィンの道具をセッティングして海上へ。

ボードの上に立つと相変わらずグラグラするが、波がないのでなん
とか持ちこたえる。風が弱いのでセイルを引上げるのも少し楽だ。

ただ、風が動力源のウインドサーフィンなので、基本的に風がない
のは困りものなのだが、今はそれほど強い風は必要なかった。

何十回目だろう、ブームを掴んだ手を少し体側に引き寄せる事に、
初めて成功した。

そのままブームを両手でしっかり保持する。

すると、握っていたブームが引っ張られるような感覚があると同時
に「スーッ」とボードが進んだのだ。

「う、うわぁ〜、進んだ〜」距離にして10メーター程、その先で
派手に海に落ちたが、海中で満面の笑顔だった。

今まで経験した事のない不思議な感覚だった。とても不思議で気持
ちよく、ウインドサーフィンってこんなに面白いんだ〜、と気付き、
一気にはまった感じがした。

その日の帰りは気分爽快だった。こんなにもウインドサーフィンは
楽しいんだ、また乗りたいなぁ〜、先日までの暗い気持ちはキレイ
サッパリどこかへ飛んでしまっていた。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中