ウインドサーフィン初心者奮闘記>●中古セイルの選び方

中古ウインドサーフィンのセイルの選び方。

ウインドサーフィンの動力源となるセイルですが、新品で買うと、
サイズにもよりますが、10万円前後と高額です。

中古のウインドサーフィン用セイルであれば、よほどの高年式の
セイルでもない限り、新品価格の半額以下です。

ただ、ここで注意しなければならない点は、セイルについてはあ
まり古い年式のセイルを購入してはいけないという事です。

理由は、まずセイルの中で最大の面積を持つメインパネルの透明
パネルが、あまり古いものだと曇ってしまっている上に、経年劣
化によりもろくなっており、少しの衝撃やキズで大きく破れてし
まう可能性があります。

もう一つは布製の、スリーブと呼ばれるマストを通す部分の経年
劣化により、ウインドサーフィンのセイルを張る際大きな力が掛
かる部分ですから、布地部分から裂けるように破れてしまう可能
性もあります。

以上の事を考えると、ウインドサーフィンの中古セイルは3年落
ちで新品定価の半額程の価格で売られている、出来れば海での使
用歴が少ない、もしくはないセイルがベストなウインドサーフィ
ン用中古セイルだと思います。

ただ、セイルについては予算が許せば新品も十分な選択枝の一つ
と言えるでしょう。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中