ウインドサーフィン初心者奮闘記>●レース中の緊急事態

ウインドサーフィンのレース中、風待ちをしていると・・・。

本部船からけたたましいサイレン音がなり響き「各選手は大至急岸
に戻って下さ〜い、大至急戻って下さ〜い」と繰り返しアナウンス
があった。

「え、風も吹いて来たし、レース再開じゃないの?」周りの選手達
も怪訝そうに本部船を見ながら戸惑っているようだった。

ただ、大至急と言われても風が弱く、かなり遠い岸にはすぐに帰れ
そうになかった。

しかし、オフィシャルサイドの勧告なので、それに従い岸を目指す。
軽くパンピングをしながら岸を目指して走る。

スタート地点と岸との真ん中付近位に来た時だった。

にわかに海面がざわつき、猛烈な風が吹いてきたのだ。

あまりの急変にセイルを落とさないように支えるのがせいいっぱい
だった。風は瞬く間に強くなり、体感的に10メーターを軽く越し
ているように感じた。

セイルを力いっぱい引き込み、ハーネスラインにフックを掛けたら、
いきなりウインドサーフィンのボードがフルプレーニングを始める。

ぐんぐん岸が近付いてくる。

ただ、さらに風は上がり、完全にオーバーセイルになっていた。

半分セイルを開き、風を逃がしながらなんとか走る。ここで落水す
れば、リカバリー出来ないのではないかという恐怖感を感じるほど
に、風は強くなっていた。

ようやく岸が近付いてきた。海岸手前でウインドサーフィンのボー
ドから飛び降りるように海に入る。

強い風で砂浜の砂が舞い、道具を岸に上げるのに苦労する。

ようやく岸に上がって海の方を見ると、海面に無数の白波が立って
おり、先程までの、のどかな光景が一変していた

続きは⇒「レスキューされる選手が続出」編にて。

ウインドサーフィン初心者奮闘記

トップページ
●ウインドサーフィンを始めるには?
●ウインドサーフィンの○○に驚く
●中古ウインドサーフィンを購入
●セッティングのコツと方法
●陸上トレーニングは大切
●ウインドサーフィンに○○する
●ウインドサーフィンを辞める!?
●再挑戦の結果は?
●タックの重要性とは?
●スピードに○が引ける
●ストラップの使い方
●○○がしびれる体験をする!?
●ハーネスの使い方
●ハーネスを使いこなす
●ハーネスを手に入れる
●ジャイブの成功方法とコツ
●海上で○○させる練習を開始
●レースのための練習
●緊張のレース当日の朝
●レースのスタートを待つ
●屈辱のスタートタイム
●午後からのレースで挽回
●感動のレース完走
●まさかのシングル順位
●コースレースボードとは?
●なけなしのお金で購入
●コースレースボード進水式
●錦江湾横断カップに出場
●二日酔いでレースに臨む!?
●セーラムカップに出場する
●混雑するスタートライン
●迫力のスタートシーンに圧倒
●第一レースの○○に驚く
●午後のレースは風待ちに・・・。
●ようやく風が吹いてくる
●レース中の緊急事態
●レスキューされる選手が続出
●プロウインドサーファーの底力
●うれしい三位入賞
●練習中に○○してしまう!?
●海上でリグトラブルに遭遇
●漂流の始まり・・・。
●漁船に救助される
●地元漁協にお礼の挨拶に行く
●今回の漂流で学んだ事
●中古ボードの選び方
●中古セイルの選び方
●中古マストの選び方
●中古ブームの選び方
●中古フィンの選び方

その他

リンク募集中